【悶々堂】俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻

オススメ度★★★★☆

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻

タイトル 俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻
サークル名 悶々堂
サークル設定価格 770円

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_0

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_1

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_2

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_3

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_4

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_5

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_6

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_7

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_8

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_9

俺のニオイが少女の理性を惑わせる 2巻_10

妻に先立たれ、俺は男手ひとつで娘の芹那(せりな)を育ててきた。彼女が成長し、手がかからなくなったことでホッと息をついていたのだが……
恋愛もせずに育児に奮闘してきた俺は、大変ながらも充実した日々を失い、すっかりしょぼくれてしまった。そんな俺を心配した芹那が信じられない提案をしてきた。
「恋愛でもしてみれば?実はお父さん狙われてるよ」
なんと芹那の同級生に枯れ専女の子が何人もいて、俺の加齢臭と疲れた横顔にキュンキュンしているらしい。
「お見合い合戦でお父さんの相手を探そう!」
すべらかなピチピチの白い肌。張りのあるオッパイ。かわいい
女の子たちとの夢の婚活。ああ、失われていたはずの性欲が…!

※本作品は原作者の協力により制作しました。

AI内容予想

俺は男手ひとつで娘の芹那の同級生に枯れ専女子が何人もいて 俺の母親が俺を産んでくれた事に感謝してるし、俺も娘を大切に思ってる。 俺が娘に「お母さん、お父さん」って言ってるのに、娘は「はい」と返事する。 娘が「いいよ」と言うので「うん」と答えた。