【雪荷風ノ宿】サークルのKカップ根暗ドスケベ後輩に弱みを握られて…

オススメ度★★★☆☆

サークルのKカップ根暗ドスケベ後輩に弱みを握られて…

タイトル サークルのKカップ根暗ドスケベ後輩に弱みを握られて…
サークル名 雪荷風ノ宿
サークル設定価格 1320円

サークルのKカップ根暗ドスケベ後輩に弱みを握られて…_0

【あらすじ】
大学生のあなた。
サークルで仲良くなった藤塚 紬とお付き合いを始めました。

ある日の夕陽差す部室に2人。
手が触れ合う、唇が重なる。
溢れる思いは止まる術を知らず。
体を重ねる、確かめ合う。

見られていると、知ることもなく……。【トラック内容】
0_プロローグ(02:50)
サークルの後輩、笠木 花に呼び出されたあなた。
何度か話したことはあるが、あまり口数は多くなく、
暗い印象しかなかったが、一体何の用だろう……。

1_貪られ交尾(10:23)
あの日、紬との時間を撮った写真を見せながら、
不気味な笑顔を浮かべ、花は一週間の言いなりを要求した。
嫌悪感を抱きながらも、ここは従うしかない。
きっと、数日で満足してやめてくれるだろう。
まずはキスをするらしい……ここは我慢だ……。
射精回数:1回

2_部室密着耳舐め手コキ(12:14)
部室に運悪く花と2人きり。
異様にベタベタと触れてくる。
Kカップだろうと、大好きな彼女が居るのだ。
屈するわけにはいかない……。
射精回数:1回

3_お家デート尻舐めパイズリ(08:47)
花に言われ仕方なく自分の部屋へあげるあなた。
花は特殊な性癖の持ち主なのか、尻穴を虐めたいようだ。
反応してしまう男性器は、そのいやらしいKカップの乳で包み込んでくる。
こんな恥辱にも耐えねばならない……耐えねば……。
射精回数:1回

4_強要授乳オナホコキ(11:23)
今日は花の部屋。
あなたを赤ちゃん扱いするようだ。
そんな事、彼女の紬にすらされたことはない。
しかし、これも仕方のない事……。
望まれたように演じるしかないのだ……。
射精回数:1回

5_焦らし太ももコキ(10:33)
言いなりも、もう残すところあと少し。
しかし、執拗に生でしたことを煽ってくる花。
行為を思い出し、疼きだす体……。
悦楽に屈したりしない……決して……。
射精回数:1回

6_堕とされ種付け交尾(10:16)
今日で言いなりは最後。
そして、紬の誕生日でもある。
さぁ、手早く事を済ませて帰らねば。
そう思いながらも、疼きは限界を超えようとしていた……。
射精回数:1回

総再生時間:
約1時間6分
ファイル形式wav
SEあり・なしバージョンを収録

【スタッフ】
CV:花見るん様
Twitter:https://twitter.com/runhanami?s=20&t=4lZfiuPJy6vMoGYgRWdKxg

イラスト:まきいかずや様
Twitter:https://twitter.com/MAKIIKAZUYA?s=20&t=4lZfiuPJy6vMoGYgRWdKxg

シナリオ:雪荷風
Twitter:https://twitter.com/yukikafu

【効果音】

ディーブルスト様:
色んな効果音集100
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ276666.html

色んな効果音集100パート2
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ360716.html

VoiceBloom様:  
http://voicebloom.seesaa.net/

OtoLogic様:
https://otologic.jp/

ポケットサウンド様:
https://pocket-se.info/【キャラクター】
笠木 花(かさぎ はな)

20歳、大学生。
映画鑑賞サークル所属。
成績優秀。
サークル内では物静かであまり口数は多くない。

趣味はホラー映画鑑賞、官能小説、オナニー。
Kカップ、乳首が大きい。

また、執着したものに関しては自制が効かないようだ……。

藤塚 紬(ふじつか つむぎ)

21歳、大学生。
映画鑑賞サークル所属。
成績は平均より少し上。
真面目で元気だが、寂しがり屋な一面も。
Bカップ。

趣味は読書、映画鑑賞、カフェ巡り、ゲーム

容姿:
・茶髪、ショートボブ
・ニットセーター、ブラウン系スカート、黒テーラードジャケット

AI内容予想

6_堕とされたように演じるしかないのだ 。 」 — ウィリアム・シェイクスピア『リア王』より引用。 シェイクスピアは、この台詞を「シェイクスピアの台詞」と断言している。 シェイクスピアが「リアの王」を演じたのは、『ハムレット』と『夏の夜の夢』の2作のみである。 「リア」とは、ラテン語で「王」を意味する言葉である。 シェイクスピアはこの台詞で、シェイクスピア自身を王であると表現した。 この台詞は、「リア王の悲劇」として広く知られている。