【あねもね】憧れてた図書委員のほのか先輩が泣き喘ぎおねだりするくらいえっちになるまで

オススメ度★★★★☆

憧れてた図書委員のほのか先輩が泣き喘ぎおねだりするくらいえっちになるまで

タイトル 憧れてた図書委員のほのか先輩が泣き喘ぎおねだりするくらいえっちになるまで
サークル名 あねもね
サークル設定価格 1320円

憧れてた図書委員のほのか先輩が泣き喘ぎおねだりするくらいえっちになるまで_0

みなさま。

いつもありがとうございます。

本作はあねもね三作目。

これまで同様、柚木つばめ様のプロデュースとなります。

今作は

「清楚なお姉さんが泣き喘いで乱れる演技を聞いて下さい!」

という柚木様の熱意によって作られた作品です。

綺麗な先輩と淫らに乱れていってください!

■目次■

第一章.図書委員の先輩の愛しい理由 (02:05)

思い切って憧れの先輩に告白したあなた

ほのか先輩は最初戸惑いながらも

「その…お付き合いの件…、いい…ですよ?」

付き合うことに成功!

「不束者ですが…どうぞ、よろしくお願いいたします…!」

第二章.隣、触れ合い、こんなにも (18:21)

付き合い始めたばかりで、ぎこちないほのか先輩

お互いを知るために図書室で静かな触れ合い

「意外と…がっしり、してるんですね…」

吐息、キス、お互いに愛撫、そして再び見つめ合う…

「…私も…良かった、です…。」

(ハグ、キス、手コキ、射精あり)

第三章.はじめては公園で (20:12)

黄昏時の公園

人気のないベンチでカップルが愛し合っているのを見た先輩

慌てながらも、図書室での事を思い出し

「…ふふっ…恋は盲目、ということでしょうか…?」

何か言いたげな先輩が振り絞ったのは

「ああいうの…してみたい…ですか?」

強く抱きしめて、混ざり合う吐息、初めてのフェラ

そして…

「一緒に…っ、一緒に…ぃっ」

震えながら喘ぐ先輩の初めてを貰った…

(キス、ハグ、フェラ、正常位、射精あり)

第四章.着席の抱擁。キミが教えてくれたコト (28:20)

教室で自習中のほのか先輩と二人きり

見られているだけというのに恥ずかしくなった先輩は

「な、何か…シてほしいこと、とか…シて、あげたいな、と…思い、まして…」

椅子の上で向かい合うように抱き合い

「私も…その…、少し、シたくなっちゃった、ので…」

耳舐め、ディープキス、しながらのえっちへ

気持ちよすぎて泣きそうになりながらも

「んんっ!? ん…ふぁ…ぁあ… ナカ…出て…

…クセになっちゃう…」

(ハグ、キス、耳舐め、対面座位、射精あり)

第五章.先輩の家。今ここに二人だけ (24:17)

付き合って初めて先輩の家へ

勉強しすぎて少し寝不足の様子

ただ、その内容が…

「その…、最近えっちのことも勉強してて…

色々…想像してしまって…」

積極的なディープキス、お互いを愛撫

すっかり火照った先輩は

「おちんちん…ほしい…っ

もう…限界なの…」

おねだりいっぱいで甘イキを繰り返しながら

「出すなら…ナカ… ナカが…気持ち、いいです…」

愛おしそうにお掃除フェラして男汁を飲んでくれた

(キス、愛撫、手コキ、正常位、お掃除フェラ、射精あり)

第六章.泣き喘ぎ、愛欲をねだる (32:31)

部屋で緊張しながらも

気持ちいい事をいっぱいおねだりするほのか先輩

「もっ…と… もっと…触って…」

「気持ちよくなるために…私の身体…使ってください…」

「気持ちよくなることだけ考えて…激しく、シて…」

激しく生中出しした後も止まらないおねだり

あんなに消極的だった先輩が今では積極的に騎乗位で腰を振って…

「乳首も…んっ…触って、ください…っ」

「っ …お願いしますっ クリトリス…くりくり、してくださ、いっ!?」

愛欲をねだり、泣きそうな声で感じ乱れる先輩は

「私を…えっち大好きな女の子にした責任…取ってください…」

こんなにえっちになっていた―――

(キス、愛撫、正常位、フェラ、騎乗位、素股、射精2回あり)

■キャスト■

主演:柚木つばめ

https://twitter.com/yuzuki_tsubame

イラスト:白井るか

https://twitter.com/shiroiruka4

脚本:七咲リンドウ

https://twitter.com/rindo_nanasaki

編集:ふじえだ

https://twitter.com/fjed_555