【おうんぽらぼらとりー】【スカトロ】便秘気味年上彼女にセックスで排便改善トレーニング【おなら30発以上!!大量脱糞!!】

オススメ度★★★☆☆


タイトル 【スカトロ】便秘気味年上彼女にセックスで排便改善トレーニング【おなら30発以上!!大量脱糞!!】
サークル名 おうんぽらぼらとりー
サークル設定価格 1320円


【スカトロ】便秘気味年上彼女にセックスで排便改善トレーニング【おなら30発以上!!大量脱糞!!】_1

【スカトロ】便秘気味年上彼女にセックスで排便改善トレーニング【おなら30発以上!!大量脱糞!!】_2

【スカトロ】便秘気味年上彼女にセックスで排便改善トレーニング【おなら30発以上!!大量脱糞!!】_3

ポイント
年上のおっとりお姉さん彼女といちゃいちゃ便秘改善トレーニング♪便秘を直すために指でアナル責め♪本編収録おならなんと30発以上!!禁断のS○X中の脱糞!!超大量顔面排泄!!あらすじ/キャラクター
年上のあなたの彼女、『遥佳』。
彼女は最近元気がなかったが、最近便秘で悩んでいるようだ。
そこで、あなたは彼女を元気にしてあげるために、
なんと彼女の『アナル』を刺激することにより
【直接便秘を改善すること】を提案するのだった――本編(60分54秒)
最近元気がない彼女を部屋に呼んで…5:36便秘を治すために指でアナル責め!7:17後背位でアナルに中に!6:13一週間後、彼女に部屋に呼ばれて……9:12君の耳、私の唾液でべとべとになっちゃった。そういえば、君は乳首を責められるのも好きだったね。乳首も責めてあげるよ。10:34はぁはぁ、君の顔にうんちしちゃった。一週間ぶりだからすごい量。ふふふふ、君の顔…私のウンチまみれになっちゃったね。9:41そんなに大きな喘ぎ声上げて、嬉しい?おちんちん、私のうんちまみれになって嬉しいんだ、変態。(アナル中出し、チ〇ポに大便排泄)9:52エピローグ……一か月後2:29本編セリフサンプル
「はぁはぁ、私も、君のお尻の穴に、指、入れちゃうっ、
いきなり、にほん、いれちゃうよっ、ふふふっ、すごい、はいっちゃった♪
大きな喘ぎ声上げちゃって、気持ちいいんだね……♪」

「お互いに性器をなめあいながら、お尻の穴、刺激しあおう?
いっぱい二人で、気持ちよくなろうね?

「あぁぁっ、はぁぁっ、あっ、ああああっ、ああああぁぁっ!
ふふふ、私の指も、君の指も、うんちまみれ、だね……?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ああ、で、でそう、今度はたぶん、出る、ウンチ、でそう、
するね、うんち、するね、君の顔に向けて出しちゃうけど、いいよね?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やだ、自然と、腰、動いちゃうっ、頭で考えるより先に体が動いちゃうっ、
あぁぁぁんっ、君も、腰、動かすの?
いいよ、二人で、腰、振りあおう?いっぱい、気持ちよくなろう?」

「ああんっ、あっ、ああぁんっ、あぁぁぁんっ、はぁぁぁんっ……!
見て、君のおちんちん、私のうんちまみれになってるよっ……、
そんなに大きな喘ぎ声上げて、嬉しい?おちんちん、私のうんちまみれになって、嬉しいんだ、変態。
もっと、うんちまみれにしてあげるねっ」

「あぁぁっ、ああああっ、はぁぁぁんっ、ああぁあっ、あぁあっ、あぁぁんっ
体を震えさせて、イキそうなの?さっきイったばかりなのに、もうイキそうなの?
いいよ、イって、私のアナルにもザーメン、出してっ!
もっと腰、激しく動かすねっ、
あぁあっ、はぁぁぁぁんっ、あぁぁっ、あぁぁっ」

「イって、私の中にザーメン、出してっ、出してぇぇぇぇっ
あぁぁあっっ、あぁぁぁぁぁぁんっ!
ああっ、出てるっ、ザーメン、私のお尻の穴に入ってきてるぅぅっ
すごい勢い……熱いのが奥までどくどくって流れ込んで来てるぅぅぅっ
ようやく収まったね。二度目の射精なのにすごい出たね。
でも、まだ終わらせないよ、まだ私がイってないからっ、私もイカせてねっ」

「あぁぁぁんんっ、あはぁぁぁぁんっ
性液まみれのお尻の中で君のおちんちんが、何度も行ったり来たりして、きもちぃぃぃっ!
あんっ、あはぁっ、あぁぁんっ、はぁぁぁぁんっ
私も、もう、イキそう、ああぁっ、イク、もう、イク、イッちゃううう!

あぁぁぁっ、あはぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんっっ!
はぁはぁ、はぁ……愛液がぷしゃーって出てる、こんなに出たの、初めてかも……。
なんだかうんちもしたくなってきちゃった、さっき、あんなに大きなうんちを君の顔に出したのに。
今度は、君のおちんちんに、うんち、だすね。
ふっ、んんんんんんんんんっ
ふぅんんんんんんんんんんんんんんんんっ
んんんんんんんんんんんんんんーーーーっ!」