【ソソソソソソ】托卵妻から言葉責めを受ける夫

オススメ度★★★☆☆


有ろう事か妻は罪悪を微塵も感じさせず夫に嬉々として説明した

タイトル 托卵妻から言葉責めを受ける夫
サークル名 ソソソソソソ
サークル設定価格 770円


托卵妻から言葉責めを受ける夫_1

托卵妻から言葉責めを受ける夫_2

托卵妻から言葉責めを受ける夫_3

『今日まで可愛がってきた娘が自分とは血縁関係が一切無し』

その恐ろしい事実を知った夫は妻に問い質した。

愛しい我が子は間男の間に生まれた子だと妻が白状した。

その間妻は罪悪を微塵も感じさせず夫に嬉々として説明した。

有ろう事か妻はまるで夫側が悪いと言わんばかりに彼を言葉で詰るのだった。

全36枚

AI内容予想

有ろう事か妻は罪悪を微塵も感じさせず夫に嬉々として説明した有ろう事か妻は罪悪を微塵も感じさせず夫に嬉々として説明した。妻が夫を責める。夫は妻に謝罪する。妻は妻を慰める。しかし、妻には罪の意識が全くない。そして、夫も妻も罪を全く感じていない。妻は自分の罪に気づいていないので、罪を犯した夫に対して罪滅ぼしをしようとは思わない。妻の罪は、夫の罪よりも重い。妻から夫への謝罪の仕方は、夫が妻に対して謝罪をするのと同じである。夫から妻への謝り方も、妻の謝罪と同じようなものである。夫の謝罪は妻の気持ちを踏みにじる。妻からの謝罪の言葉は夫には届かない。なぜなら、その妻の心情は夫の心に届きにくいからである。妻に対する妻の心の傷は計り知れない。